リオ五輪に向けて|バスケット







女子はともかく、男子は長らく、
オリンピックの舞台から遠ざかっている、バスケット日本代表チーム。


そこに加えて、組織統一のごたごたから、
国際バスケット連盟から勧告を受けるなど、大きな岐路に立っている。


このままでは、五輪予選への出場も怪しくなってくる状態で、
サッカーJリーグの、元チェアマンである、川淵氏をチェアマンに据え、
打開を図っているものの、予断を許さない状況となっている。


これでは、バスケットに携わっている選手やファン、
将来活躍を夢見る子供達に、決していい影響は与えない。


何とかして、早く立ち直ってもらいたいものだ。


ところで、男女通じて、バスケット日本代表が、
国際大会であげた最高成績が、何であるか知っている人は、
どれくらいいるのだろう。


答えは、1975年の世界選手権で、なんと準優勝、
銀メダルに輝いているのである。


しかも、MVPは、普通優勝チームから出るものだが、
得点王を獲得した、日本の生井けい子選手が、ダブル受賞しているのだ。


次の年に行われた、モントリオール五輪においても、
5位入賞という成績を残していることは、ほとんど知られていない。


他のスポーツなら、その競技における歴史なり、
活躍選手を、語り継いでいるものだ。


ところが、バスケットにおいては、
企業スポーツが中心だったせいなのか、
あまり、歴史を語り継いできていないような、印象を受ける。


組織統一などで、ごたごたしている今だからこそ、
過去の歴史を見つめ直し、誇りを持って語り継いでいくことが、
大切なのではないだろうか。


日本バスケット界の再生は、
そうした地道な運動によって、できていくと信じたい。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です