リオ五輪に向けて|レスリング







今年1月、2012ロンドン五輪で、
日本男子レスリング、24年ぶりの金メダルを獲得した、
米満達弘選手の、引退会見が行われた。


ケガの回復が思わしくないことや、階級区分の変更により、
従来よりも大変な減量になることが、理由とのことである。


キッズ・レスリング全盛の中、高校からレスリングを始め、
決してエリートではなかった、米満選手が、こつこつと努力し、
最高峰の栄誉を手にした姿は、多くの日本人に感動と共感を呼んだ。


リオ五輪、そして東京五輪において、日本男子レスリングの、
メダル連続獲得が、どこまで続くかは注目である。


3月に行われた、ロシアでの国際大会においても、
金銀銅、合わせて7個のメダルを獲得するなど、好調を維持している。


特に、86キロ級で、金メダルを獲得するなど、
これまで、日本が苦手としていた重量級の強化が、
進んでいることは、明るい材料と言えるだろう。


また、吉田選手などのスターを生んだ、
女子レスリング界も、着々と底上げが進んでいる。


特に、若手選手のみを派遣した、3月のワールドカップにおいて、
優勝を達成したことは、非常に大きな意義がある。


以前は、女子レスリング強化を進めている、県やチームが少なく、
代表選手も、一部に集中している状態だったが、
オリンピック正式競技に採用されて以来の、
代表選手の活躍によって普及が進み、多くの県やチームから、
代表選手が輩出される様になったことは、特筆すべき成果である。


来年からは、国体でも、女子レスリング競技が始まるなど、
東京五輪に向けて、レスリング界は、視界良好と言える。


この調子で、来年のリオ五輪でも、メダルラッシュを期待したい。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です